読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちくわ

うだうだ

睡魔

久しぶりに文章を書く。

 

この2週間、ぼんやりと言うと、ひどく英語を話す生活を送っていた。

ガイドのような、通訳のような、そういう経験もした。

言語やコミュニケーションについて考える2週間となった。

地元にある国内最小規模疑惑のあるアニメイトや、某鉄道ゲームのタイトルにあやかった名前の桃色店舗を英語で説明するなどした。

この活動で英語力が上がったのかは不明だが、それでも挑戦の日々を送れたことに違いはない。

 

そんなことは放っておいて。

 

眠くて眠くて頭も回らないくらい眠い時、どうすれば睡眠を避けられるのか。

 

もしも貴方が人間であるというのであれば、必ずや1度は経験したことがある授業中の居眠り。

授業についていけなくなる恐怖や授業をして下さる先生への無礼。

そしてそれらを上回る睡魔。

 

人類はそれに勝てるのか。いや、勝てない。

 

勝てないのだ。

人間が本能的に求めるという三大欲求に何が入っているか。

睡眠である。

勉強も仕事も入っていない。

そこにあるのは睡眠である。

なぜ避けられようか、避けようとするのか。

 

頰を抓っても、腕の皮膚を引っ掻いても、頭を叩いても、眠い時は眠い。

満員電車の中、美術館で絵画を鑑賞中、テーマパークでアトラクションを待っている最中、そのような環境下で眠ってしまったことがある。

人は立ちながらでも、眠ければ眠ってしまうものだ。

眠いものは眠い。

眠いものは眠いのだ。

 

睡眠こそが正義であり、正義こそが睡眠である。

人間を人間たらしめんものこそが睡眠である。

あらがうな、寝ろ。

寝てしまえ。

出来る限り早い時間に寝てしまえばいい。

健やかに眠れ。そして大きくなれ。

眠い、私は今とても眠い。

どうにでもなれ。